ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

青春小説らしい。

期待してたこととは違ったけれど、まあ満足。
言いたいことも分かるけど、荒いなあという印象。むしろそれがいいなあという感じもするけれど。

能登に対してのセリフは響いた。
「生きているオレが羨ましいだろう!」
このセリフまでの流れは良かったんだけど、正直、能登より渡辺の方が出て来る回数多いから、急に能登の事を思い出したって印象が拭えない。基本、絵里ちゃんとチェーンソー男と戦っているし。

感想書いてて思ったけど、読み終わったらすぐに書いた方が内容忘れないで、もう少し良いものが書けそうな気がする。
スポンサーサイト

さよならピアノソナタ4

一応ナンバリングとして最終巻。まだ一つ残ってるけど。

3巻まで読んで長い間放置してたから、忘れちゃってるかなって思ったらそうでもなかった。

ストーリーも綺麗な感じで終われてよかったと思う。ただ、神メモとかで慣れてるけどほんとにヘタレというかグダグダというか、これどうすんだろうと思った。

ただ、読んでてヒロインの真冬が好き好きアピールしまくってていいなあと思ってたんだけど、面白いかなって考えるとなんか違うって感じた。設定とか雰囲気忘れちゃってるから、本人たちが窮している事に対して、あんまり感情移入出来なかったのかもしれない。

やっぱり継続して読むことが大事だということですね。

好き好き大好き超愛してる

読了。

舞城王太郎という名前は知っていて、ものすごく特徴ある作風の人という感じしか知らなかったので、以前話題になっていたこの本を借りて読んでみました。

最初は、なんか読みにくいと感じました。雲をつかむというか意図が掴めないまま進んでいって不思議な感じでした。

終盤になって、ラブストーリーなんだなというのが分かるようになってからは最初に書かれていたことが理解出来るようになってきたりはしたんですけど、うーん。納得はしたけれど、再び読みたいかと問われると疑問に感じるという。
まあタイトル見たらラブストーリーだろっていうのは分かるんですけど、捻ってくるのかなと思い込みすぎてたのかもしれない。

他の作品を見てみたいなとは思いました。言葉の選び方は特徴があるというか感心するところがあったので。

好き好き大好き超愛してる。好き好き大好き超愛してる。
(2004/08/07)
舞城 王太郎

商品詳細を見る


アヒルと鴨のコインロッカー

図書館で借りてきた本2。

伊坂幸太郎はグラスホッパーを途中まで読んで放置しちゃった記憶しかないので(内容も覚えてない)、映画化したこいつなら面白いんじゃないかと軽い気持ちで手にとってみました。

普通におもしろいじゃないですかー。

まんまと騙されてしまって、感心してしまった。ドラマとか映画、ゲームとかでこんなトリックと言うか、騙されたーって思うことは結構あった気がするんですが、本でこういう感覚を得るっていうのは普段本読んでなかったので新鮮でした。

現在と過去の話を交互に混ぜている構成で、まあ過去になにかあったんだなというのは分かるようになっているんですが、お前が〇〇なのか!っていうのは気づかない辺り良い読者になりました。

もう一冊、砂漠という本も借りてきたので読んだらまた下記マース。

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

神様のメモ帳7

アニメはなんか違う。

そんな訳でシリーズ最新刊読み終えたわけですけど。

外出する機会があって、せっかく買っていたのに読んでいなかったので暇つぶしと思って読み始めたら、何で今まで放置していたんだと思わせるほどの出来でした。

シリーズ1巻目の雰囲気に近くて、ああ、神様のメモ帳ってこんな感じだったなって思い返したりしました。
他の話が悪いのかって言うと、そうではないのかもしれないけれど、一生懸命追わなくてもいいかなって思い始めてたりしてた頃にこの出来。久々に夢中になって本読んだ気がしました。その影響か、図書館に行ったりしちゃったわけですけど。

今までもミステリチックなところはあったけど、今回は特にそういった面が押し出されていたような気がしました。

キャラクターは相変わらず魅力的ではあったんですが、なぜか鳴海が成長というか達観?しちゃったような、大人びているというか、どこか変な印象を持ちました。
今までもそんな面はありましたが、最初の頃の振り回されていた時から、いろんな事件を通して少しずつ成長というかなじんできていたのが、7巻での鳴海は別人のようでした。気がしただけで、そんな事はないのかもしれないけれど。

とにかく面白かったので、次の巻も楽しみになってきました。アニメは何か違う。

神様のメモ帳 7 (電撃文庫 す 9-15)神様のメモ帳 7 (電撃文庫 す 9-15)
(2011/07/08)
杉井 光

商品詳細を見る
プロフィール

柴月

Author:柴月
スペシャルワン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR